ホーム

子供が水筒のストローを噛む!時期のおすすめペットボトルストローキャップ

ペットボトルキャップ記事アイキャッチ画像

赤ちゃんから少しずつ幼児へと大きく成長していく時期、ある日子供の水筒のストローを見ると穴が空いていて…。そんな経験をされた保護者の方は多いのではないでしょうか。

我が家の息子はかなり噛み癖が強いタイプらしく歯ブラシやストローなどなんでも噛んで痛めてしまいます。そこで問題になるのが水筒問題。水筒は保育園やお出かけなど子供との生活に必需品。噛み噛み大好きなお子さんにおすすめのアイテムを紹介します。

この記事はストローを噛んで水筒のストローを傷めてしまうお子さんにオススメのペットボトルストローキャップを紹介する記事です。

水筒のストローを噛んで穴を開けてしまう。

うちの息子。最初は1、2ヶ月くらいの間隔で、あ!ストロー穴空いちゃったなー。という感じだったのですが、

ピーク時は水筒のシリコンストロー部分を新品に交換して、数日で小さな穴を開けました。(泣)

家の中でも水筒を使っていたので、飲む回数が多かったせいもあります。

「噛んだら穴が空いてストローさんが痛いって言ってるよ。」など噛まないように、と指導もしましたが、すぐに治るものでもありません。

ストロー部分がプラスチックの水筒

ストローマグなどはストローがシリコンやゴムのものが多く販売されています。

飲み口がプラスチックの水筒は直飲みタイプの飲み口のものが多くて、ストロー部分がプラスチックの水筒は販売されている数が少ないです。

直飲みタイプの水筒だと当時まだ子供が小さかったので、水筒にたくさんの飲み物が入った状態だと自分で飲むのが難しいと感じてストロータイプのものを探していました。

色々探しましたが、あまりいいものが見つけられませんでした。

そこでプラスチックストローの飲み口の水筒は諦めてペットボトルストローキャップで良い商品がないか探しました。

ペットボトルストローキャップ

おすすめのペットボトルストローキャップ

ズバリ!こちらがおすすめです。

一番のおすすめポイントは「強い」ところです。(笑)

他のストローがプラスチックのタイプのものもいくつか使ってみたのですが、息子の噛む力に負けてゆがんでしまったり、またパーツがたくさんで洗うのが大変だったり等があり、こちらに落ち着きました。

このボトルでチューNなら強い力で噛まれても歪んだり使用不能になることはありませでした。

しかし噛まれた部分はだんだんと歯型の跡がたくさんついてくるので、しばらくしたら新しいものに買い替えが必要になります。しかし変形して使用不能になったりということはありません。

買い替えをするのにもボトルでチューNなら、水筒のストロー部分を買い換えるお値段とほとんど変わりません。

ボトルでチューNの洗いやすさは?

またボトルでチューN、煮沸消毒できます。つまり食洗機もOK!キャップ部分は忙しい時はお皿などと一緒に洗えて便利です。ストロー部分は長いので食洗機だけでストローの中の部分は完全に洗い切るのは難しいのですが、この長いストロー部分を洗うための商品がちゃんと販売されています。

こちらのブラシを使えばストローの中もしっかり洗えて衛生面も安心です。

また、こちらのブラシ、ボトルでチューNの長いストローを洗うためにとても長いので、他のマグや水筒のストローを洗うのにも便利です。

これだけ長ければ大体のストローの中をしっかり洗うことができます。

他の商品を使っている方にもこちらのストロー用ブラシはおすすめです。

キャップ取り外し画像

またスポンジで手で洗うときもキャップ部分が2つ、ストロー部分が1つとパーツ数が少ないので、短い時間で洗い終えることができます。

さらにきになるという方は煮沸消毒できますし、つけ置きや泡スプレーなどの除菌剤を使えばしっかり洗う事ができます。

Amazonで”泡スプレー 除菌剤”の検索結果を見てみる

ストロー部分の強度は強いけれど…

デメリットもあります

このボトルでチューNという商品ストロー強度が高くまた洗いやすいというメリットがありますが、ごく稀に蓋を開けたら飲み物が飛び出してしまう。というデメリットが…

飲み物が漏れてしまうデメリットの回避方法

飲み物が飛び出してしまう。という事が起きる原因は冷蔵庫などで冷たく冷やしておいたものを外に出し、短時間に一気に中の飲み物の温度が上がった時などに圧力がかかり、ストローから飲み物が上がってきてしまう事で起こるようです。

ですので、そのような時はストローキャップの蓋を開ける前にストロー部分を目視で確認して見てください。

飲み物がストローから上がってきているな。とわかる時は飲み口の蓋ではなく、一度ペットボトルのキャップをくるっと回してペットボトル側のキャップを緩めて開けます。

キャップを開ける画像
中の飲み物の飛び出しを防ぐ方法

そうすると中の圧力が上がって飲み物が飛び出すのを防ぐ事ができます。

また冷蔵庫から出した飲み物をペットボトルの保冷カバーなどに入れておいておけば、飲み物の温度が緩やかにしか上がらないので、飲み物が飛び出す可能性はかなり低くなります。

ペットボトル保冷カバー画像

私はペットボトルの保冷カバーに入れていて飲み物が飛び出したことはありません。

ペットボトルの保冷カバー、百均に売っているものでも飲み物が飛び出したりはしませんでした。

またお子さんが喜ぶキャラクターのものなどを使えば喜んで使ってもらえるかもしれませんね。

Amazonで”ペットボトル 保冷カバー キャラクター”の検索結果を見てみる

まとめ

ボトルでチューNのストローキャップ。

デメリットはあるものの、毎日使うのに手入れが簡単で壊れにくいので、ストローを噛んでしまって困っているという方の参考になれば嬉しいです。