ホーム

【簡単】スマホ用移動ポケットを作ってみた【ハンドメイド】

スマホ移動ポケット記事アイキャッチ画像

先日ずっと前から欲しいと思っていたミシンを遂に購入しました。

ミシンを購入した皆さんはまず最初に何を作りましたか?

私はミシンを使うのは学生以来で十数年ぶりでした。

そこで、まずは簡単に作ることができて、日常的に使えるスマホ用移動ポケットを作ってみました。

 
この記事はミシン初心者でも簡単に作れる移動ポケットを作り方と作ってみた感想の記事です。

スマホ用移動ポケットとは?

移動ポケットとはズボンやスカートにクリップで止めて使えるポーチのようなものです。

小さいお子さんがハンカチやティッシュを入れて使っているところを

見かける方も多いのではないでしょうか?

この外付けポーチと言える移動ポケット。

入れられるものは何もハンカチやティッシュなどだけではありません。

また、移動ポケットは子供の為だけのものでもありません。

大人用の物も販売されています。そしてスマホを入れるための物もたくさん販売されています。

私はスマホを入れる為の手作りの移動ポケットを日常的に使用しています。

家事をしていると家中をうろうろしているので、

移動するたびにスマホをもって歩くのは面倒だけど、ポケットには大きくて入れにくい。

また外でも時間確認したい時や子供と一緒で片手が塞がっている時など

さっと取り出せてとても便利です。

移動ポケットがどんな風に便利か気になった方はこちらもどうぞ

スマホ移動ポケット記事アイキャッチ画像
【スマホ持ち歩き】スマホの持ち運びにオススメのアイテム【どうする】皆さんは普段スマホを持ち歩く際どうしていますか? ズボンのポケット、手で持ち歩く。カバンに入れてなど様々だと思います。そんな時、ちょっと...

作れる移動ポケット概要

出来上がるポーチのサイズは縦が17cm、横が10.5cmになります。

iphone11がすっぽり余裕で入るサイズになります。作成する移動ポケットのサイズ説明画像

スマホとあとちょっとしたイヤホンや、電車乗車時の切符やカードなどが

スマホの画面に傷をつけずに一緒に入れたいなと思い、

手前にもう1つポケットがある形になっています。

クリップをつけるところは重たいスマホをしっかり支えられるように

Dカンを縫い付けて取り付けられるようにしました。

Dカンにしたので移動ポケット用のクリップではなく、

カバンに付けたり肩からかけられるように紐を取り付ければスマホポーチとしても使うことができます。スマホポーチの裏側

2つ作るポケットのうち、スマホを入れるメインポケットの部分は

布の柄を変えて開いた時違った柄が見えて可愛くなるようにしてみました。

サブのポケットは縫う布裁断や縫う回数を減らすため同じ布で作っています。

材料説明

今回作成した移動ポケットの材料は全てダイソーで購入しました。

布はストライプ柄が200円、和風柄のものが300円でした。

カバンの持ち手と移動ポケット用クリップ

(アイキャッチに写っている青い星柄のもの)は100円です。

材料説明用に撮影した↓の画像にはクリップを写すのを忘れましたが

全部ダイソーで購入したものです。

スマホ用移動ポケット材料

後画像に写っていないもので最後に布の返し部分を閉じるのに

布用ボンド(わたしは裁ほう上手を使用しました)を使用します。

用意がないという方は手縫いなどでも問題なく閉じることができると思います。

移動ポケットの作り方

①まずは裁断する布サイズ説明から

ここからは実際の作り方になります。

下の絵が製図です。布を下の図のようにカットします。

表地の横の長さは76cm、裏地の横の長さは46cmです。

製図の画像

②布をカットしてDカンを縫い付ける

カットしたものがこちらです。

上の図で紫の色のところの好みのところにDカンを縫い付けました。

私は縫い代を1cmとして切り恥から1.5cm内側のところに縫い付けました。

カットした布の画像

③布を順番通りに畳んでいく

カットして表地にDカンを縫い付けたら、

今から表示する画像の順番で布を畳んで重ねていきます。ポケット部分の畳み方画像

まずは製図の画像で黄色く縫ったポケット部分を上の画像のように畳みます。

↑の画像のように表地を畳んだだけで手前のポケット部分を作ります。

メインポケット部分畳み方

次に畳んだ手前ポケットの下の部分を折り目にして↑の図のように表地を畳みます。

表地畳んだところと裏地の畳み方畳んでDカンと重なる部分1cm部分を手前に畳んでおきます。

ここは布をひっくり返すのに使用する部分で、

私の家のミシンではうまく縫えないので後で布用ボンドで貼り付けるのに使用します。

表地と裏地の重ねるところの画像

先ほど表地を畳んだのと同じように裏地も畳みます。

そのあと、先ほどの表地と同じように

縫製後ひっくり返すのに使用する部分1cmも折っておきます。

最後に表地に裏地を重ねます。

先ほどまで畳んできた布の部分が完全に内側にくるように重ねます。

④ミシンで縫う

表地と裏地を重ねた画像

布を畳んで重ねる作業が終わったら↑の点線部分をミシンで縫います。

縫い代1cmを開けてコの字に縫います。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

ミシンで縫い終わった画像

⑤縫い終わった布をひっくり返す

縫い終わったら布をひっくり返していきます。

フタ部分をひっくり返した画像

まずはフタ部分を返しました。次にポケット部分もひっくり返していきます。

布を全て返した画像

これでほぼ完成です。

⑥布用ボンドで返しに使用した部分を閉じる

最後にひっくり返すのに使用した部分を布用ボンド(私は裁ほう上手を使用しました)を

使って袋状になっている部分を閉じます。

もちろん手縫いや狭い筒状部分でも縫えるミシンをお持ちの方はミシンで閉じても大丈夫です。

細い筒状の部分の画像

⑦完成

完成です!Dカンに移動ポケット用のクリップかスマホポーチ用の紐を取り付けて使用します。

完成した移動ポケット画像

母にプレゼントするのに、母は大きめのスマホケースを使用しているので完成サイズを縦、横幅をそれぞれ1cmずつ大きくなるように追加で作りました。

クリップをつけた画像

今回の移動ポケットを作るのに使ったミシン

私が今回移動ポケットを作るのに使ったミシンの使い心地や感想はこちらの記事にあります↓どんなミシンを使ったのか気になった方は覗いてみてくださいね。

ps205レビュー記事アイキャッチ画像
ブラザーミシン PS205(PS203,PS202) 商品レビュー 子供が幼児期から入園、入学の時期になると(通園グッズや洋服のお直しなど) 裁縫を必要とする事案が多々出てきます。 たくさん...

まとめ

画像をたくさん貼ったので難しいように感じるかもしれませんが、布を切って畳んでコの字に縫ってひっくり返すだけでほぼ完成します。移動ポケットを使ってみたいなと思った方や、ミシンを買って何か作りたいと思っている方がいれば簡単に作れるので参考にしていただければ嬉しいです。ぜひ作ってみてください。